ココクル

“もしも”
に備える情報防災

情報収集・安否確認のための
手段を確保する

携帯電話やスマートフォンへの緊急速報メール(エリアメール)、テレビやラジオ、防災行政無線など複数の手段を活用し正確な情報を手に入れましょう。
その手段の一つとして、ひょうご防災ネットへの登録や、家族や友人との連絡方法について確認することはとても大事なことです。

(1)
緊急情報を発信
“ひょうご防災ネット”へ登録しよう

神戸市では、災害発生時に正確な情報を速やかにお知らせするためのメールサービス“ひょうご防災ネット”を実施しています。登録、情報提供料は無料。事前に携帯電話から登録しておくと、神戸市や兵庫県から気象情報などの緊急情報や避難に関する情報のお知らせメールが届きます。

災害発生時には自治体など公共機関のホームページにはアクセスが集中し、つながりにくくなることもあります。被災時にスムーズに情報を得るためにも、事前に登録をすませておきましょう。

サービスの登録

(2)
安否確認のための
連絡手段を確保しよう

出張先や旅行先だけの話ではありませんが、被災時に家族が一緒にいるとは限りません。家族が離ればなれで被災したときのことを考えて、お互いの安否を確認する手段を決めておきましょう。被災地では、連絡手段は限られます。公衆電話などから利用できる「災害用伝言ダイヤル171」や携帯電話の「災害用伝言板」などのサービスを前もって登録し、活用法について知っておきましょう。また、東日本大震災発生時には、無料通話サービス「Skype」や、簡単なメッセージで情報交換ができるサービス「twitter」などのインターネット回線を利用した安否確認手段が活躍しました。さらにこの「ココクル?」においてもフェイスブックなどを活用して簡単に現在位置を家族や友人に知らせることもできます。携帯電話や携帯メールの回線がパンク状態になった場合でも、インターネット回線は比較的つながりやすいと言われています。自分にあったサービスを選び、地震に備えておきましょう。

災害用伝言ダイヤル171

災害時に活用できる伝言の録音・再生サービス。171をダイヤルすると、利用ガイダンスに従って利用することができます。利用は公衆電話や携帯電話、 PHSなどから可能ですが、伝言の登録が可能なのは被災地の固定電話のみとなります。また、災害指定地域に指定されなかった場合、利用することはできないので注意が必要です。

災害用伝言板

震度6弱以上の地震などの災害発生時に、携帯電話やスマートフォンから自分の安否を登録できる災害時専用サービス。あらかじめ家族や友達を指定登録しておくと自動的に安否情報を配信することもできます。災害用伝言板はキャリアを超えて使用することが可能ですが、登録方法や使用方法は各社で異なるので、あらかじめ確認しておきましょう。

NTTドコモ

au(KDDI)

ソフトバンク

WILLCOM

NEXT