ココクル

“もしも”
のときに身を守る

揺れから身を守るとっさの行動

落ち着いて、身を守ろう
地震による揺れの中では、できることが限られています。まずは自分の身を守り、あわてず、場所に応じて落ち着いた行動をとりましょう。

①街の中
 -とにかく、身を守る-

とくに、頭部の損傷は即、命の危険につながります。手近にあるもので頭を覆い、落下物の心配のない安全な場所へすばやく避難しましょう。例えば、自動販売機や塀など倒れてくるものやビルのガラスや看板など落下のおそれがあるものに注意しましょう。そして、その場に立ち止まらず、空き地や公園などの広い場所に避難しましょう。

②ビルの中
 -エレベーターは使わない-

閉じ込められる可能性があるので、エレベーターは禁止。もし、運悪く乗り合わせた場合は、すぐに行き先階のボタンをすべて押し、最初に停止した階で降ります。万一閉じ込められたら、緊急用インターホンで通報しましょう。閉じ込めの発生しているエレベーターが最優先に対応されます。落ち着いて救助を待ちましょう。

③電車の中
 -乗務員の指示に従って-

電車に乗車していると地震の揺れかどうか判断することは難しいですが、異常を感じたらすぐに窓際から離れ、手すりやつり革につかまりましょう。電車は揺れを感知すると停止します。もし、電車が駅と駅の間で停止しても、勝手に非常用コックを開けて避難するのは危険です。乗務員や駅係員の指示に従って行動しましょう。

④デパート・スーパーの中
 -足下に気をつけて-

陳列棚やショーケースなどの重量がある大型のものから離れましょう。壁や太い柱に寄り添い、揺れが収まるのを待ちます。やみくもに動いて、階段やエスカレーターにかけ寄らないようにしましょう。人の殺到が最も危険です。移動の際は、室内放送や係員の指示、誘導に従いましょう。窓ガラスや商品が割れ、足下が悪い可能性があります。足下のケガは避難の大きな妨げになりますので、十分に気をつけましょう。

⑤車の中
 -減速、左に寄せて停車-

急ブレーキはかけずに、ゆっくりと速度を落とし、道路の左側に停車して、エンジンを切ります。揺れが収まるまで待ち、カーラジオや携帯電話で情報を入手しましょう。避難のため車を離れるときはキーをつけたままで、ドアはロックせず、メモを残すようにしましょう。

NEXT