ココクル

“もしも”
帰宅困難者になったら

津波の際の避難行動

(1)
むやみに移動を開始しない

災害発生時に多くの人が一斉に自宅帰ろうとして、駅の周辺や道路が多くの人で埋まると、雑踏事故の危険性が高まったり、警察・消防・自衛隊などの緊急車両が速やかに現場に到着できず、救助・救急活動に支障をきたします。また、徒歩で帰宅している途中に余震等で二次被害に遭う可能性もあり、災害発生後すぐに帰宅しようとすることは大変危険です。災害発生時はむやみに移動を開始せず、安全な場所に留まるようにしましょう。

(2)
情報を集めよう

一時滞在施設や帰宅支援ステーション、交通機関等の運行状況について、複数手段で情報を入手しましょう。
その際、JR、地下鉄、私鉄等鉄道の復旧状況を最も早く知るために便利なのがtwitterです。Twitterアプリもしくはウエブブラウザー上で、#(ハッシュタグ)に路線名をつけて検索すると(例えば、#阪急神戸線)、路線の復旧情報に関して利用者から寄せられた情報を見ることができます。

(3)
一時滞在施設へ移動する

神戸市中央区は、帰宅困難者の安全確保のため、神戸国際会館と神戸文化ホールを一時滞在施設として開放する協定を結んでいます。
いざという時は、これらの施設を利用し、鉄道が再開するまで過ごすことも考えましょう。

(4)
帰宅経路を考える

徒歩による帰宅は20kmが限界だと言われています。まずは、地図で距離や経路を確認しましょう。携帯電話の地図機能を使う方法もありますが、電池が消耗すると大事な電話やメールが受け取れなくなるので、注意が必要です。また、移動の際には歩きやすい靴に履き替え、無理をせず適宜休憩をとりながら進みましょう。
その際、徒歩帰宅者への支援として「災害時帰宅支援ステーション」があります。災害時の徒歩帰宅者を支援するため、水道水やトイレの提供や情報、休憩場所などの提供を行っている店舗などのことです。店舗の入り口には共通の黄色いステッカー(キタクちゃん)が掲出されています。

INDEX